世界をリードするリスク分析・意思決定ソフトウェアの @RISK と DecisionTools Suite のメーカー
ENGLISH I ESPAÑOL I PORTUGUÉS I FRANÇAIS I DEUTSCH I 日本語 I 中文 I РУССКИЙ
活用事例
活用事例
株式会社 日立ソリューションズ東日本
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: バリューアットリスク
東京大学
製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全, BSE検査
BC Hydro
製品: @RISK
アプリケーション: Project Analysis
Columbia University
製品: @RISK
アプリケーション: エネルギー・公共政策
Corus Steel
製品: @RISK
アプリケーション: 工場の操業停止
ECN
製品: @RISK
アプリケーション: オフショア風力発電プラントの財務分析
ハリケーン カトリーナ災害対応センター
製品: @RISK
アプリケーション: 災害対応計画
キユーピー株式会社
東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全性
Logion BV
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 運輸、流通、在庫管理
London Underground / Istria
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: 運輸システムの安全性と投資
Metaproject
製品: PrecisionTree
使用例; Rescue Operations
Met-Mex Peñoles
製品: @RISK
アプリケーション:シックス シグマ実験計画法
イギリス国防省
製品: @RISK
アプリケーション:プロジェクト管理
Petrobras
製品: @RISK
アプリケーション: 探査・生産
Procter & Gamble
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 製品設備立地、新製品分析、為替レート分析、リアル オプション
Scottsdale Insurance Company
製品: @RISK
アプリケーション: 商業用不動産の比較、RAROC (リスク調整後資本利益率) 2 つの物件についての重要な意思決定
Unilever
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 新製品発売、設備投資、その他
World Conservation Union
製品: DecisionTools Suite
Application: 絶滅危ぐ種保護

Scottsdale Insurance Company が競合する機会の選択に @RISK を活用

2 つの物件についての重要な意思決定
保険を引き受けるか否かの判断は慎重に行う必要があります。保険の判断を下す場合、損失に影響しうるリスクを正確に把握することが 1 つの鍵となります。リスク評価の重要性を示す良い例として、Scottsdale Insurance Company では Palisade の @RISK を利用して、保険会社が 2 つの商業用物件のうちどちらがより優れた利益を生むかを判断する過程をモデル化しています。

Scottsdale Insurance Company はこの分析に @RISK を使用して、リスク調整後の財務パフォーマンスを分析するフレームワークであるリスク調整後資本利益率 (RAROC: Risk-Adjusted Return on Capital) を評価しました。RAROC を正確に評価することで、組織は複数のビジネスにわたる採算性について一貫した全体像を把握できます。また RAROC によって、潜在リスクをカバーするために必要な支出を考慮した後の、投資利益率予測の明確な評価も提供されます。

Scottsdale Insurance Company のモデルではアリゾナ州とフロリダ州にある商業用物件を比較します。当初は予想損害率、経費率、12 か月間の支払保険金、そして投資利益率がすべて同じであり、これらの物件は非常に類似しているように一見思えます。このような場合、どちらの物件の保険を引き受けるかを決定するにあたってリスク分析が重要な役割を果たします。

Scottsdale Insurance Company について
Nationwide の子会社である Scottsdale Insurance Company は 1982 年に設立され、当初は従業員 12 名だけで事業所をオープンしました。現在ではエクセス&サープラス (E&S) および特殊種目の保険会社として米国最大規模を誇り、1,350 名のセールス人員を擁し、また保険料の年間売上は 200 億ドルを超えます。Scottsdale Insurance Company では、商業用および個人用不動産と損害リスクに加え、多くの保険会社では引き受けないような多岐にわたる種目の保険を提供しています。

@RISK を使用した利益率の評価
保険会社の RAROC は合計利益 (保険の引き受け利益と投資所得) を資本 (投資以外のリスクと投資リスクを含む) で割った結果に依存し、その低下につながる要因はいくつもあります。リスク要因を考慮しなければ一見フロリダの物件の方がアリゾナの物件に比べて利益率が高く、運営収入も大きいように思えます。したがって表面上はこの意思決定は比較的明白です。しかし @RISK の対数正規分布を適用すると、また違った要因が浮かび上がります。

2 つの不動産物件を比較する際に一番重要なリスク要因は壊滅的な天災の発生です。Scottsdale Insurance Company では、起こりうる保険金支払をカバーするにはどれだけの資本が予備金として必要かを判断するために、@RISK で各地の天候リスクをシミュレートしています。ハリケーンなどの天気事象が起こりやすいことを考えれば、フロリダ州の物件の補償範囲の方がずっと高いことは当然だと言えます。しかし、これはフロリダの物件から得られる当初の利益率のメリットを上回るものでしょうか。

2 つの物件の RAROC を詳しく調査するため、Scottsdale Insurance Company では @RISK を用いて各物件がそのハードル レートである最小利益率の 10% を超える確率を判断することにしました。分析ではどちらの物件も 64% の確率で 10% のハードル レートをクリアすることが示されています。しかし、この数値をさらに細かく調べてみると、非常に重要な疑問が明らかになります。それはハードル レートを越える場合にどちらの物件の方が高い利益率を提供するかという疑問です。アリゾナの物件がハードル率を越えるシミュレーションでは平均利益率が 18% ですが、これはフロリダの物件の平均利益率である 11% を超えています。したがって、保険会社にとってはアリゾナの物件を引き受ける方が好ましいことになります。フロリダの物件はより高額の営業収入を提供しますが、同社では @RISK を使ってアリゾナの物件の方がその他の機会への投資にあてる資本をより多く解放できるという点を明らかにすることができました。

図 1: アリゾナの物件が初期ハードル レートを越える場合に 18% の利益率を提供することを示す @RISK 分布

図 2: フロリダの物件が提供する利益率は 11% と大幅に小さいことを示す分布

「当社は非現実的な保険料設定がよく見られる競争の厳しい環境で事業を行っています。投資の利回りが史上最低の水準にあるなか、潤沢な資本のため保険料は低下しています。当社では @RISK を利用することで、互いに競合する機会のうちから適切なものを選ぶことが可能になりました」と、Scottsdale Insurance 社の財務事業顧問 Allan Smith 氏は語っています。「なかでも結果を視覚的に確認できるのが一番役に立ちます。結果の範囲を示す図を作成できるというのは、当社の複雑なモデルを分析する上で欠かせない機能であり、また財務分野の知識を持たない上級役員に提示する際にもとても便利です」

» Scottsdale Insurance Company
» @RISK の詳しい情報




Palisade Corporation
130 East Seneca Street
Suite 505
Ithaca, NY 14850
800 432 RISK (US/Can)
+1 607 277 8000
+1 607 277 8001 fax
sales@palisade.com
Palisade EMEA & India
+44 1895 425050 salesEMEA@palisade.com
salesIndia@palisade.com
Palisade Asia-Pacific
+61 2 9252 5922
salesAP@palisade.com
Palisade アジア・
パシフィック東京事務所
+81 3 5456 5287 tel
sales.jp@palisade.com
www.palisade.com/jp/
Palisade Latinoamérica
+1 607 277 8000 x318
+54-1152528795  Argentina
+56-25813492 Chile
+507-8365675 Panamá
+52 55 5350 2852 México
+511-7086781 Perú
+57-15085187 Colombia
servicioalcliente@palisade.com
ventas@palisade.com
www.palisade-lta.com
Palisade Brasil
+55 (21) 3958 1443
+1 607 277 8000 x318 tel
vendas@palisade.com
www.palisade-br.com