世界をリードするリスク分析・意思決定ソフトウェアの @RISK と DecisionTools Suite のメーカー
ENGLISH I ESPAÑOL I PORTUGUÉS I FRANÇAIS I DEUTSCH I 日本語 I 中文 I РУССКИЙ
Live Chat
What's New in
The DecisionTools Suite 7

» Just released: 日本語でDecisionTools Suite 7.5! See What's New in 7.5 (英語で)
 

新しくなった DecisionTools Suite 7.0 には、あらゆるタイプの意思決定者にとって役立つさまざまな機能が用意されています。全体的なインターフェイスの改善から特殊な新しい分析機能まで、あらゆる分野のお客様に喜ばれる機能が盛りだくさんです。

このリリースの最大の特長は、DecisionTools Suite の従来の製品群に、Palisade のマインド マップおよびデータ調査ツール BigPicture, が新たに追加されたことです。BigPicture を使用して、戦略計画からデータ分析、そして概念のマップ化といった、あらゆる意思決定プロセスを視覚的に捉えることが可能になります。

 

 
新機能の概要:
@RISK 7
効率的フロンティア分析 (RISKOptimizer)
コピュラを使った相関分析
@RISK をインストールしていないユーザーとのモデルやグラフの共有
データ ビューアーで @RISK グラフを用いて Excel データを表示
書式設定済みのカスタム Excel レポート
Enhanced Right-Click Menu
   
新機能の概要: DecisionTools Suite
The DecisionTools Suite 7
新ツール BigPicture
新ツール BigPicture の追加 5 つ星評価を獲得した Palisade の新しいツールがマインドマップ作成、ダイアグラム作成、データ調査に力を発揮
ソフトウェアの自動アップデート
新機能の概要:
Evolver  
効率的フロンティア分析 (Industrial edition)
新機能の概要:
PrecisionTree
BigPicture を Decision Tree のビューアーとして統合
新機能の概要:
StatTools
データ ビューアーで @RISK グラフを用いて Excel データを表示
新しい StatTools 分析機能
   
新機能の概要:
NeuralTools
データ ビューアーで @RISK グラフを用いて Excel データを表示

 

W新機能の概要:
@RISK  7

効率的フロンティア分析

効率的フロンティア分析は、特にポートフォリオの最適化などの金融モデルで非常によく利用されます。効率的フロンティアとは、分析者が受け入れることのできる特定のリスク レベルを仮定し、それに対応する最適なリターンとの対応を示すグラフです。

一連の許容可能なリスク レベルを指定し、その各レベルについて、RISKOptimizer@RISK 機能を使って最適化を行います。例えば金融ポートフォリオの場合には、投資銘柄のさまざまな配分を変化させたうえで、それぞれに対する期待リターンを最適化します。したがってリスク レベルは、可能な値の範囲内で変化する制約として機能します。その結果得られる効率的フロンティアは、多数の最適化結果を示す 2 次元のグラフとして表現されます。効率的フロンティアを利用すると、あらゆるポートフォリオのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。なお、この機能は Evolverでも使用できます。

効率的フロンティア機能は、ポートフォリオの最適化以外の分野にも応用できます。一般に、最適化問題における 2 つの量の間のトレードオフを分析するために多数の最適化を実行したい場合には、効率的フロンティア分析が役に立ちます。

 

RISKOptimizer の効率的フロンティアの計算。

 

コピュラを使った相関分析

相関係数は、複数の変数の間にある相互関係を求めるための手法として従来から使用されてきました。本バージョンの @RISK では、@RISK 入力分布にコピュラを使って相関を追加する新しい機能が用意されています。コピュラは従来の相関行列の代わりに使用でき、@RISK で生成される相関パターンのタイプに優れた柔軟性を発揮します。そのため、相関パターンの細部をより正確に制御することが可能となります。コピュラは、歪みのある、または対称的な複数の分布間に存在する関係をモデル化するために使用され、金融などの分野で特に効果を発揮します。例えば、オプションの価格付けやポートフォリオのバリュー アット リスク (VaR) などにコピュラを使用できます。あるいは適正資本量、市場リスク、信用リスク、または運用リスクなどの特定にもコピュラが使用されます。

@RISK には、クレイトン、ガンベル、フランク、T など、実際のモデル化のニーズに合わせて選択できるコピュラ パターンがいくつも用意されています。さらに、経験コピュラ機能を使用して、任意のデータのセットの相関パターンを真似るカスタム コピュラを独自に作成することも可能です。

使用に適したコピュラおよびコピュラ パラメーターを決定するには、@RISK のコピュラ フィッティング機能を使用します。このプロセスでは、@RISK で分布のフィッティングを行う場合と同様に、標本データの種類とそのときのニーズに応じて 2 つの手法のどちらかを適用できます。

 

@RISK 7 で利用できる新しいコピュラ機能の 1 例、クレイトン コピュラ

 

@RISK をインストールしていないユーザーとも簡単にモデルやグラフを共有

入力分布とシミュレーション結果を @RISK を使用していないユーザーとも簡単に共有できるようになりました。新しいサムネイル表示グラフ機能を使えば、ブックを受け取ったユーザーがファイルを開くだけで、セルに添付されている @RISK グラフを簡単に表示できます。専用のビューアーは一切不要です。また、サムネイル表示グラフを @RISK で使用して、モデル内で直接グラフをプレビューすることも可能です。データについてもっと詳しく調査したい場合には、サムネイルをクリックするだけでインタラクティブな @RISK グラフを素早く表示できます。

 

@RISK のサムネイル表示グラフ機能を使用すれば @RISK をインストールしていないユーザーも分布のグラフを表示できます。専用のビューアーは不要です。

 

データ ビューアー

このインタラクティブな機能では、@RISK のグラフとテーブルを使用して Excel のデータセットを表示できます。データ ビューアーは @RISK モデルからのデータだけでなく、ほかのデータ ソースからも情報を取得できます。したがってシミュレーションを実行する必要はありません。

直感的な使いやすいインターフェイスで変数を選択するだけで、@RISK の高機能グラフ作成エンジンを利用したグラフの作成や、そのグラフをさらに操作やカスタマイズして、レポートや共有に使用することが可能です。ヒストグラム、累積グラフ、トレンド、箱ひげ図など、@RISK で使用可能な結果グラフの形式をすべて作成できます。

 

データ ビューアーの概要ビュー。さらに詳しく調査するにはサムネイル表示のヒストグラムをドラッグして拡大します。

 

また、データ ビューアーの相関ビューを使用すると、データセットに含まれる変数の間に見られるさまざまな相関を示す概要マトリクスを表示して、データをさらに詳しく分析できます。サムネイル表示の散布図では相関関係を視覚的に把握できます。サムネイルをドラッグすると、同じグラフのより詳細な拡大ビューが表示されます。

 

RISK のデータ ビューアーの相関ビューでは変数間の相関関係がわかります。

データ ビューアー機能は @RISK だけでなく、 StatTools, と NeuralToolsでも利用できます。

 

カスタムの Excel レポートと PDF レポート

@RISK に、わかりやすいインターフェイスで必要なシミュレーション結果を正確に指定したレポートを Excel で直接作成できる、カスタム Excel レポート機能が新しく追加されました。この機能では必要なグラフと統計データのみを含むレポートを作成でき、マウスを何度かクリックするだけで簡単に項目を並べ替えられます。カスタム レポートには表示に最適な書式が自動的に設定されます。

また、すべての @RISK レポートを PDF 形式でエクスポートできる機能も追加されました。旧バージョンのファイル形式オプションも引き続き使用できます。

 

@RISK の新機能カスタム Excel レポートでは、レポートに含める情報の種類と配置を自由に指定できます。

 

Enhanced Right-Click Menu

Set up your model and view results graphs with a robust new @RISK right-click menu. This time saver lets you simply select the cell you are interested in, right click, and add a distribution, generate graphs, and more.

 

The new @RISK right-click menu provides a quick shortcut to output graphs, input distributions, and more.

 

 

新機能の概要:
The DecisionTools Suite  7

 

新しいツール    BigPicture

DecisionTools Suite に、まったく新しいコンポーネントとして BigPicture が追加されました。BigPicture は Excel 内でダイアグラム作成とデータ視覚化を行う機能を提供します。BigPicture を使用すると、マインド マップを作成して考察やアイデアを整理したり、あらゆる種類のスプレッドシート データをもとに動的なマップやレポートを作成できます。戦略計画、データ分析、そして HR の組織図など、BigPicture は実に多岐にわたる用途に利用できます。

他社のマインド マップ ソフトウェアと異なり、BigPicture では視覚化とスプレッドシートの両方の機能を Excel 内で直接組み合わせることができます。BigPicture のグラフ、レポート、およびマップにはスプレッドシート セル内のあらゆる内容をリンクできます。Excel で数値やしきい値を更新すると、BigPicture のダイアグラムも自動的に更新されます。BigPicture ではスプレッドシートとダイアグラムの機能がシームレスに統合されています。

BigPicture は DecisionTools Suite 7 の一部として PrecisionTree と直接統合されているため、意思決定ツリーを視覚的なマインド マップに変換することが可能です。また、非常に複雑なデータや結果を直感的で柔軟性を備えたダイアグラムに変換することで、関係者や意思決定者にとってわかりやすく見栄えも良いレポートを作成できます。

» BigPicture の詳しい情報

 

年度、製品、地域、国ごとの売上データを示す BigPicture の動的なデータ マップ。

 

自動アップデート機能

購入したソフトウェアを常に最新の状態に保つのも簡単です。新バージョンの DecisionTools Suite 7 には、ユーザーがソフトウェアからアップデートについての自動通知を受け取れるオプションが用意されています。最新の機能や修正プログラムがリリースされると、ワンクリックの自動アップデート システムを使って即アクセスできます。最新のアップデートを入手するために Web サイトを訪れる必要はありません。

 

新機能の概要:
PrecisionTree

BigPicture との統合

他に類を見ない視覚的なダイアグラムとレポート作成機能を備えた BigPicture は、複雑な意思決定課題に関わる情報の分析、検討、共有を行うためのツールとして広く一般に利用されるようになっています。

PrecisionTree の新しい機能を使って定量的な意思決定ツリーを BigPicture に直接エクスポートすることで、プレゼンテーションやディスカッションの資料としてほかの Excel ユーザーと共有できる魅力的なビジュアル マップに変換できます。その結果、意思決定プロセスに共同で取り組む作業が簡単になり、定量的な確率分析と専門家の知識の間に見られる従来のギャップも大きく改善されます。

PrecisionTree の意思決定ツリーを BigPicture で表示してプレゼンテーションやディスカッションに活用できます。

 

 

新機能の概要:
StatTools

 

クラスター分析

クラスター分析を使ってデータ内の類似項目をグループに分けることができます。分析後のグループには、その他のグループの項目と比べて類似度の高い項目が集められます。この分析手法では、データ ポイント間に見られる相違を強調し、数量化することが可能です。


A Dendrogram is part of the Cluster Analysis report; it shows the steps of the process of grouping items based on the degree of similarity.

 

主成分分析

大規模なデータセットから重要度の低い部分を取り除くと同時に、データ内の目立つパターンを強調して、データセットの次元を減らします。


The Principal Component Analysis report includes a Score Plot, which represents the input multi-dimensional data in two dimensions (with optional color-coding based on a categorical variable).

 

強化された回帰分析機能

お客様から寄せられた意見をもとに StatTools の回帰分析機能が改善され、いっそう使いやすくなりました。新バージョンではダミー変数の設定などの手動操作が不要になり、複雑な回帰分析もワンクリックで簡単に実行できます。

また、非線形の変数変換を利用してデータに内在するさらに複雑な関係を分析することが可能です。そして StatTools の新しい回帰分析機能では、処理速度が大幅に高速化された結果、大きなデータセットも問題なく処理できるようになっています。

カテゴリの棒グラフ

カテゴリ変数について、見栄えの良い棒グラフを作成する新機能によって、結果を素早く提示することが可能です。


This Bar Chart shows multiple categorical variables at a glance.

 

クラスカル・ウォリス検定

お客様のご要望に応えるため、3 つ以上の母集団を比較できるノンパラメトリック検定が追加されました。

 


Palisade Corporation
130 East Seneca Street
Suite 505
Ithaca, NY 14850
800 432 RISK (US/Can)
+1 607 277 8000
+1 607 277 8001 fax
sales@palisade.com
Palisade EMEA & India
+44 1895 425050 salesEMEA@palisade.com
salesIndia@palisade.com
Palisade Asia-Pacific
+61 2 9252 5922
salesAP@palisade.com
Palisade アジア・
パシフィック東京事務所
+81 3 5456 5287 tel
sales.jp@palisade.com
www.palisade.com/jp/
Palisade Latinoamérica
+1 607 277 8000 x318
+54-1152528795  Argentina
+56-25813492 Chile
+507-8365675 Panamá
+52 55 5350 2852 México
+511-7086781 Perú
+57-15085187 Colombia
servicioalcliente@palisade.com
ventas@palisade.com
www.palisade-lta.com
Palisade Brasil
+55 (21) 3958 1443
+1 607 277 8000 x318 tel
vendas@palisade.com
www.palisade-br.com