世界をリードするリスク分析・意思決定ソフトウェアの @RISK と DecisionTools Suite のメーカー
ENGLISH I ESPAÑOL I PORTUGUÉS I FRANÇAIS I DEUTSCH I 日本語 I 中文 I РУССКИЙ
Live Chat
活用事例
活用事例
株式会社 日立ソリューションズ東日本
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: バリューアットリスク
東京大学
製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全, BSE検査
BC Hydro
製品: @RISK
アプリケーション: Project Analysis
Columbia University
製品: @RISK
アプリケーション: エネルギー・公共政策
Corus Steel
製品: @RISK
アプリケーション: 工場の操業停止
ECN
製品: @RISK
アプリケーション: オフショア風力発電プラントの財務分析
ハリケーン カトリーナ災害対応センター
製品: @RISK
アプリケーション: 災害対応計画
キユーピー株式会社
東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全性
Logion BV
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 運輸、流通、在庫管理
London Underground / Istria
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: 運輸システムの安全性と投資
Metaproject
製品: PrecisionTree
使用例; Rescue Operations
Met-Mex Peñoles
製品: @RISK
アプリケーション:シックス シグマ実験計画法
イギリス国防省
製品: @RISK
アプリケーション:プロジェクト管理
Petrobras
製品: @RISK
アプリケーション: 探査・生産
Procter & Gamble
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 製品設備立地、新製品分析、為替レート分析、リアル オプション
Scottsdale Insurance Company
製品: @RISK
アプリケーション: 商業用不動産の比較、RAROC (リスク調整後資本利益率) 2 つの物件についての重要な意思決定
Unilever
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 新製品発売、設備投資、その他
World Conservation Union
製品: DecisionTools Suite
Application: 絶滅危ぐ種保護

Palisade DecisionTools が絶滅危ぐ種の保護に活躍

チャンネル諸島の狐からアフリカのレイヨウ、ゲレヌクまで、Palisade の @RISKPrecisionTree® はさまざまな絶滅危ぐ種の保護に役立っています。IUCN 国際自然保護連投の野生生物保全繁殖専門家グループでは、これらのツールを科学者・獣医向けに導入しています。また同グループは絶滅危ぐ種の動物を保護する努力の一環として、自然保護活動家による疾患リスクの識別と分析を支援するワークショップでもこれらのソフトウェアを使用しています。

一般の企業や研究機関は膨大な量の情報を処理するために Palisade ソフトウェアを使用しますが、同グループでは情報不足を補うために @RISK と PrecisionTree を利用している点が異なります。病気の感染は多くの不確定要素が伴うため困難な問題であり、野生動物界で自然発生する疾病に関する信頼できるデータも不足しています。それだけでなく、危ぐ種を救おうとする多くのプログラム (例えば再導入、飼育下繁殖、生息回廊の整備など) では、生存動物の移動や生殖目的による組織移植が必要となります。これらは善意から生み出されたプログラムであるとは言え、常に動物を追加の疾病リスクにさらす結果となります。したがって、従来の分析手法でこうした不確定要素を処理するのは不可能です。@RISK なら、このような事態に適切に対処できます。

オマハ市 Henry Doorly 動物園の Douglas Armstrong 博士は、野生生物保全繁殖専門家グループのワークショップ シリーズを管理しています。同博士によると、疾病リスクを考慮に入れる必要のある野生保護プロジェクトは数百に及びます。これらのリスクは、自然に発生する疾病、家畜からの疾病感染、新しい環境に移動した動物に見られる免疫系脆弱性など、さまざまな原因に起因します。また、生息地の分裂とその結果起きる隔離、崩壊的な気候変動、そして遺伝的多様性の損失など、その他の要因によってリスクはさらに複雑化します。ここに挙げたリスク要因はごく一部に過ぎず、これら各リスクが特定の動物母集団の状況に応じて異なる確率で発生します。上記すべての理由から、こうした状況のモデル化を行うのは困難を極めます。

Armstrong 博士は以下のように語っています。「我々のグループではどのような問題が持ち上がるかを推測するために、多様な状況に適用できる実用的かつ総合的なツール セットを探していました。DecisionTools Suite はまさにこうしたニーズを満たすツールであり、中でも @RISK と PrecisionTree は特に重要なコンポーネントです。これらのプログラムは使い方を覚えるのも簡単で、固定された推測値ではなく、起こり得る値の範囲を入力することができます。絶滅危ぐ種の保護努力において疾病リスクを最小限に抑えるためには実に効果的なツールだと言えます。」

» @RISK
» National Park Service



Palisade Corporation
798 Cascadilla Street
Ithaca, NY 14850-3239
800 432 RISK (US/Can)
+1 607 277 8000
+1 607 277 8001 fax
sales@palisade.com
Palisade EMEA & India
+44 1895 425050 salesEMEA@palisade.com
salesIndia@palisade.com
Palisade Asia-Pacific
+61 2 9252 5922
salesAP@palisade.com
Palisade アジア・
パシフィック東京事務所
+81 3 5456 5287 tel
sales.jp@palisade.com
www.palisade.com/jp/
Palisade Latinoamérica
+1 607 277 8000 x318
+54-1152528795  Argentina
+56-25813492 Chile
+507-8365675 Panamá
+52 55 5350 2852 México
+511-7086781 Perú
+57-15085187 Colombia
servicioalcliente@palisade.com
ventas@palisade.com
www.palisade-lta.com
Palisade Brasil
+55 (21) 3958 1443
+1 607 277 8000 x318 tel
vendas@palisade.com
www.palisade-br.com