世界をリードするリスク分析・意思決定ソフトウェアの @RISK と DecisionTools Suite のメーカー
ENGLISH I ESPAÑOL I PORTUGUÉS I FRANÇAIS I DEUTSCH I 日本語 I 中文 I РУССКИЙ
Live Chat
活用事例
活用事例
株式会社 日立ソリューションズ東日本
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: バリューアットリスク
東京大学
製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全, BSE検査
BC Hydro
製品: @RISK
アプリケーション: Project Analysis
Columbia University
製品: @RISK
アプリケーション: エネルギー・公共政策
Corus Steel
製品: @RISK
アプリケーション: 工場の操業停止
ECN
製品: @RISK
アプリケーション: オフショア風力発電プラントの財務分析
ハリケーン カトリーナ災害対応センター
製品: @RISK
アプリケーション: 災害対応計画
キユーピー株式会社
東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全性
Logion BV
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 運輸、流通、在庫管理
London Underground / Istria
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: 運輸システムの安全性と投資
Metaproject
製品: PrecisionTree
使用例; Rescue Operations
Met-Mex Peñoles
製品: @RISK
アプリケーション:シックス シグマ実験計画法
イギリス国防省
製品: @RISK
アプリケーション:プロジェクト管理
Petrobras
製品: @RISK
アプリケーション: 探査・生産
Procter & Gamble
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 製品設備立地、新製品分析、為替レート分析、リアル オプション
Scottsdale Insurance Company
製品: @RISK
アプリケーション: 商業用不動産の比較、RAROC (リスク調整後資本利益率) 2 つの物件についての重要な意思決定
Unilever
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 新製品発売、設備投資、その他
World Conservation Union
製品: DecisionTools Suite
Application: 絶滅危ぐ種保護

鉄鋼大手が溶鉱炉停止の管理に @RISK を採用

リスク管理とはリスクの特定、分析、および緩和を行うプロセスを指します。リスク管理は、きちんと構造化された手順なしに、比較的無計画な方法で行われることも多々あります。しかし鉄鋼大手の Corus 社では、イギリスのレッドカーにある Teesside Works に設置されたヨーロッパ最大の溶鉱炉の大規模な中間修理を行う際のリスク管理に先進的なアプローチを採用しました。この溶鉱炉は Teesside Works で製鉄に使用される唯一のものであり、このプロジェクトは大きな注目を集めました。操業停止中は Lackenby におけるすべての製鉄および鋳造作業と、Redcar サイトにおける鉄鉱石焼結の作業がすべて中止されました。

Corus 社は リスク管理の専門企業として知られる HVR Consulting Services Ltd の協力を得て、一連のプロジェクトおよび事業に関連するリスク評価を実施しました。プロジェクトのリスク評価の目的はプロジェクトに伴うすべてのリスクを特定し分析することにあり、プロジェクトのタイムスケールを分析するツールとして @RISK が使用されました。まずプロジェクト計画に含まれる各作業の期間の変動性に、リスク レジスターからのリスクを組み合わせてリスク モデルが作成されました。次に @RISK を使ってこのモデルの分析が行われました。その目的は発生確率の高い結果を判断することだけではなく、管理チームの注意が必要な重要部分およびスケジュールを短縮できる機会を特定することにもありました。

また、溶鉱炉の停止によって Corus 社が受けるインパクトを評価するために、同社の商工業 (C&I) 部門全体にわたる事業リスク評価が実施されました。これらの事業リスクの評価によっても、商業、財務、技術、およびロジスティックといった面のリスクを含む、Corus 社の事業への主要なリスクが特定されました。C&I ビジネス サイトにおける製造スループットのモデル化と予測を行うために、特定されたリスクの影響を考慮するプロセス モデルが @RISK を使用して開発されました。そしてこのモデルを使用して、溶鉱炉の運営委員会に鋼材在庫の構築要件に関するアドバイスを提供し、商業および製造の意思決定を行いテストできるようにしました。

このプロジェクトは大成功を収めたとして Corus 社内で話題になりました。溶鉱炉の改修は合計 68 日 9 時間で完了しました。これは非常に前向きと考えられた 70 日の目標を下回っています。Corus 社にとっては製造停止により毎日多額の損失が発生するため、修理期間を最小限に抑えることが最重要課題でした。

また、溶鉱炉が停止している間に平板ストックを製鋼所に供給するという重要なプロセスにも成功しました。同社の事業は、炉の生産量、鋳造業者のパフォーマンス、および必要な鋼鉄量などが予想外に変動した場合に備えて一定の最小限のストックを維持しています。停止期間が終了した時点では、同期間中に 1 つの製鋼所で受注量が低下したことから、この最小限ストックを若干上回る余剰在庫がありました。

プロジェクトの完了後、その成功の鍵となった要素を特定し、どのような教訓が得られたかを認識するため、溶鉱炉運営委員会メンバーによる事後会議が開かれました。その際 @RISK を使用したタイムスケールの リスク分析 手法は、操業停止期間の推定と事業リスク評価への結び付けを提供できる有用なツールであることが確認されました。停止期間の長さがプロジェクトを成功に導く鍵となったことから、現実的な停止期間に基づく事業計画を立てるためにスケジュールのリスク分析が直接役立ったことがわかります。

事業リスクの評価、そして特に @RISK によるプロセス モデルは成功の不可欠要因の 1 つとして認識されました。このプロセス モデルによって、事業に及ぼすリスクの影響や修理に必要な操業停止期間に関する不確実性を含め、操業停止前の鉄生産の水準と再委託のレートを現実的に分析することが可能になりました。

» @RISK
» Corus Steel



Palisade Corporation
798 Cascadilla Street
Ithaca, NY 14850-3239
800 432 RISK (US/Can)
+1 607 277 8000
+1 607 277 8001 fax
sales@palisade.com
Palisade EMEA & India
+44 1895 425050 salesEMEA@palisade.com
salesIndia@palisade.com
Palisade Asia-Pacific
+61 2 9252 5922
salesAP@palisade.com
Palisade アジア・
パシフィック東京事務所
+81 3 5456 5287 tel
sales.jp@palisade.com
www.palisade.com/jp/
Palisade Latinoamérica
+1 607 277 8000 x318
+54-1152528795  Argentina
+56-25813492 Chile
+507-8365675 Panamá
+52 55 5350 2852 México
+511-7086781 Perú
+57-15085187 Colombia
servicioalcliente@palisade.com
ventas@palisade.com
www.palisade-lta.com
Palisade Brasil
+55 (21) 3958 1443
+1 607 277 8000 x318 tel
vendas@palisade.com
www.palisade-br.com