世界をリードするリスク分析・意思決定ソフトウェアの @RISK と DecisionTools Suite のメーカー
ENGLISH I ESPAÑOL I PORTUGUÉS I FRANÇAIS I DEUTSCH I 日本語 I 中文 I РУССКИЙ
Live Chat
活用事例
活用事例
株式会社 日立ソリューションズ東日本
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: バリューアットリスク
東京大学
製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全, BSE検査
BC Hydro
製品: @RISK
アプリケーション: Project Analysis
Columbia University
製品: @RISK
アプリケーション: エネルギー・公共政策
Corus Steel
製品: @RISK
アプリケーション: 工場の操業停止
ECN
製品: @RISK
アプリケーション: オフショア風力発電プラントの財務分析
ハリケーン カトリーナ災害対応センター
製品: @RISK
アプリケーション: 災害対応計画
キユーピー株式会社
東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター

製品: @RISK
アプリケーション: 食品の安全性
Logion BV
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 運輸、流通、在庫管理
London Underground / Istria
製品: @RISK Developer Kit
アプリケーション: 運輸システムの安全性と投資
Metaproject
製品: PrecisionTree
使用例; Rescue Operations
Met-Mex Peñoles
製品: @RISK
アプリケーション:シックス シグマ実験計画法
イギリス国防省
製品: @RISK
アプリケーション:プロジェクト管理
Petrobras
製品: @RISK
アプリケーション: 探査・生産
Procter & Gamble
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 製品設備立地、新製品分析、為替レート分析、リアル オプション
Scottsdale Insurance Company
製品: @RISK
アプリケーション: 商業用不動産の比較、RAROC (リスク調整後資本利益率) 2 つの物件についての重要な意思決定
Unilever
製品: DecisionTools Suite
アプリケーション: 新製品発売、設備投資、その他
World Conservation Union
製品: DecisionTools Suite
Application: 絶滅危ぐ種保護


さまざまなオプションを検討した結果、当社のビジネス ニーズに最適なツールとして Palisade の DecisionTools Suite を採用することに決定しました。その結果 DecisionTools Suite によって意思決定の質が向上し、プロジェクト チームが明瞭な考察のもと自信をもって決定を下すための重要な役割を果たしています
Unilever
社意思決定アナリスト
Andrew Evans 氏談
Unilever 社がイノベーションの意思決定に Palisade の DecisionTools Suite ソフトウェアを活用

世界各国で消費財を提供している Unilever 社は、ビジネスクリティカルなイノベーションについて必要な判断を下すのは非常に複雑なプロセスであることを認識した上でその DMUU (Decision Making Under Uncertainty)、つまり不確定要素を伴う意思決定アプローチを開発しました。同社では構造的な手法に Palisade の DecisionTools Suite ソフトウェアを組み合わせて、プロジェクト チームがその意思決定のスコープを完全に把握できるよう支援し、また適切な情報に基づく質の高い判断を行うために必要なツールと知識を提供しています。このプロセスにより、 Unilever 社は機会や脅威を見逃すことなく、市場におけるの俊敏性を向上させることが可能となっています。

Unilever について
Unilever 社は、飲食物、家庭用品、および日用品を提供する、世界でも最大規模の消費財供給業者です。400 を超えるブランドが含まれたポートフォリオを擁する同社は常に意欲的な成長目標を掲げています。Unilever では最先端の研究開発に膨大な年間予算を投じ、何千という新製品開発プロジェクトを手がけています。したがって、このようなポートフォリオの管理について優れた意思決定を行うには、直面しているリスクと機会を 100% 明確に把握することが不可欠となります。

しかし、ほかのダイナミックな大規模組織の場合と同様、こうした複雑性は Unilever の意思決定プロセスに大きなインパクトを与えます。その決定プロセスには多くの当事者が関係し、それぞれの価値観や動機、視点、個性、そして支持基盤などが互いに競合することも多々あります。これらの組織的な複雑性は分析上の複雑性によってさらに入り組んできます。例えば、意思決定で考慮する必要のある相互に関係する入力の数が多かったり、初期開発段階につき物の不確実性が高かったり、また意思決定の基準自体が矛盾する可能性もあります。

意思決定への構造的なアプローチ
Unilever 社では、まずビジネスクリティカルなイノベーションには複雑な意思決定がつき物であること、そして重要な機会や脅威を逃さずキャッチするには社内と社外からの二重の焦点を維持する必要があることを認識しました。そしてこれらの要素を効果的な意思決定プロセスに組み入れることで決定の質を改善し、意思決定を高速化して最終的には市場への即応性を向上できることにも同社は気付きました。

そこで Unilever 社は、不確定要素を伴う意思決定 (DMUU: Decision Making Under Uncertainty) と呼ばれるユニークな手法を開発することにしました。これは、論理的推論のコアの部分に確率的分析を用いた、規則に従う系統的な構造化された意思決定手法です。ここではフレーム化と構造化を行うツールに、最先端の分析ソフトウェア (Palisade の DecisionTools Suite) を組み合わせて使用します。DecisionTools Suite には Microsoft Excel で実行できる、リスク分析、意思決定分析、およびデータ分析を行うための 7 つのツールがセット製品として完全に統合されています。この手法によってプロジェクト チームが意思決定のスコープを完全に把握するための支援をし、質の高い判断を行うために必要なツールと知識を提供して、それぞれの選択肢がもたらす結果について理解するために必要な見識を提示することが可能です。

意思決定者は、必要とされる明瞭性、洞察、および行動への決意を DMUU から得ることができます。

イノベーションの意思決定に DecisionTools Suite を活用
Unilever 社は、DecisionTools Suite に付属している @RISK のモンテカルロ分析および PrecisionTree の意思決定ツリー分析の柔軟性と機能性を評価し、同社の DMUU プロセスおよび意思決定文化の支援基盤となる分析ソフトウェアとして Palisade の DecisionTools Suite を採用することに決定しました。今日の Unilever 社は、大規模なイノベーション プロジェクトについて確率的なビジネス ケースの開発や主な戦略決定を行うために DecisionTools Suite を使用しています。

現在では DMUU と DecisionTools Suite の使用は Unilever 社のイノベーション プロセスの標準コンポーネントとなっており、大きく複雑なプロジェクトには確率的ビジネス ケースの使用が義務付けられています。例えば、スイートのリスク分析ツールである @RISK は、新製品の導入や大きな設備投資に関するさまざまな戦略を評価するために使用されます。

また Unilever の各チームは意思決定分析ツールの PrecisionTree を使用して、将来さまざまな時点で意思決定や不確実性の発生が予想される、初期段階にあるプロジェクトの評価を行っています。ここでは PrecisionTree の意思決定ツリーを利用してプロジェクトの現在価値を評価し、また社内および社外の開発経路でそれぞれ発生するリスクとメリットを把握できます。

Unilever 社では DMUU の重要性を認識し、必要に応じて意思決定のサポートやソフトウェアの専門知識を提供できるコンサルタンシー部門を社内に設けています。

上記に加えて Palisade のソフトウェアは同社のサプライチェーン、安全管理、諸規制、およびその他の複雑な 1 度限りの意思決定など、ほかの事業分野にも利用されています。これらはすべて複数の競合する選択肢が存在し、各選択肢の間に大きな矛盾があり、また選択を誤った場合の害が大きいという点で共通しています。

Unilever 社の意思決定アナリスト Andrew Evans 氏は次のように語っています。「戦略的な意思決定には各選択肢の質についてあらゆる要素を検討できるようなプロセスが必要です。しかし、そのプロセスの不可欠な部分は、どの選択肢を取るべきかの判断を支援する、パワフルで柔軟性に優れたソフトウェアによって行われます。当社ではさまざまなオプションを検討した結果、当社のビジネス ニーズに最適なツールとして Palisade の DecisionTools Suite を採用することに決定しました。その結果 DecisionTools Suite によって意思決定の質が向上し、プロジェクト チームが明瞭な考察のもと自信をもって決定を下すための重要な役割を果たしています」

補足情報
Unilever 社にとって重要なソフトウェアと機能:

DecisionTools Suite に含まれているツールのうち @RISK が一番よく使われます。Unilever の意思決定者は、ビジネス ケースから得られた情報をヒストグラムや高度な感度トルネード グラフから把握することに慣れています。さまざまな選択肢やプロジェクトを比較する必要がある場合には箱ひげ図 (箱型図) も非常に役立ちます。そして感度分析やシナリオ分析は、不確実性の主な駆動要因を理解するために使用されます。また担当のアナリストがサマリー グラフやシナリオ分析を使ってモデルからさまざまな洞察を得るための支援をします。

使用する分布:
Unilever 社が @RISK を使ってビジネス ケースを評価する場合、PERT 分布と三角分布が最も頻繁に使用されます。これらの分布はデータが専門家から提供される場合の分布の記述に適しています。離散型分布は、競合他社の行動や新製品発売のさまざまな成功度など、将来について複数のシナリオのシミュレーションを行うために使用されます。ただし、優れた履歴データが利用できる場合や、裾に感心がある場合には (例えば安全性調査など)、Unilever 社ではそれ以外の分布も使用し、また @RISK が提供する分布フィッティングなどのツールも活用されます。

» @RISK
» Unilever



Palisade Corporation
798 Cascadilla Street
Ithaca, NY 14850-3239
800 432 RISK (US/Can)
+1 607 277 8000
+1 607 277 8001 fax
sales@palisade.com
Palisade EMEA & India
+44 1895 425050 salesEMEA@palisade.com
salesIndia@palisade.com
Palisade Asia-Pacific
+61 2 9252 5922
salesAP@palisade.com
Palisade アジア・
パシフィック東京事務所
+81 3 5456 5287 tel
sales.jp@palisade.com
www.palisade.com/jp/
Palisade Latinoamérica
+1 607 277 8000 x318
+54-1152528795  Argentina
+56-25813492 Chile
+507-8365675 Panamá
+52 55 5350 2852 México
+511-7086781 Perú
+57-15085187 Colombia
servicioalcliente@palisade.com
ventas@palisade.com
www.palisade-lta.com
Palisade Brasil
+55 (21) 3958 1443
+1 607 277 8000 x318 tel
vendas@palisade.com
www.palisade-br.com